毎日の生活情報

モビットの基本的な活用法

お金が急に必要になったときに、その審査スピードから借入の素早さに特徴がある消費者金融やキャッシングはとても便利です。

 

そのような便利なサービスとして人気の消費者金融にはモビットがありますが、こちらは三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融なので実際には総量規制の対象となるのは注意した方がいいと思います。

 

すなわち普通の消費者金融と同様に年収の1/3以上は借入はできませんし、50万円以上の借入だと収入証明が必要とされるので気を付けましょう。これらのことを考えると割と少額で借りるのがモビットの賢い使い方でしょうが、モビットは特に即日融資や審査スピードが早いという点が人気の秘密となっています。

 

モビットの基本的な情報をまずは確認していきたいと思いますが、金利は3.0〜18.0%と平均水準となっています。

 

とにかくメリットしては審査時間が最短で30分という圧倒的な素早さがあり、これはローン申込機を利用すると簡単に即日融資が受けられるので便利です。ローン申込機は土日祝日を含む9時から21時までととても幅広い時間帯で空いているので忙しい時にも使える点はメリットでしょう。

 

また最近の消費者金融と同様にインターネット上での申し込みはさらに便利となっており、平日14時50分までに契約と振込借入を申し込むと即日融資が可能となるので、こちらも活用したいサービスとなっています。このようにモビットの活用法としてはとにかく急ぎで借入が必要となった人におすすめとされています。

モビットを初めて使う時に活用方法を決めるコツ

モビットは審査にかかる時間が短く急な出費が必要な場合に対処しやすく、他社と比べて利用限度額が高いことや最小金利が低いために今後の生活に役立てるように使うと効果的です。

 

お金を借りる時は会社が求める条件を満たす必要があるため、本人確認書類や収入を証明できる書類や勤務先を確認できる書類を準備することが求められます。即日融資を受ける方法はサイトやローン契約機を使うとすぐに申し込めるため、当日に利用したい時は営業時間内に手続きを完了させるとすぐに使えて便利です。

 

モビットは提携する銀行やコンビニのATMを使ってお金を借りれ、旅行や出張などをする際に急な出費が必要な場合にも対処しやすいです。お金を借りる時は金利が高いと利息が増えやすく、収支のバランスを考えて金銭計画を立てる必要があります。

 

初めて利用する場合は返済方法の仕組みを確かめて使い過ぎないようにすることを心がけ、今後の生活に活かせるように目的を決めて計画的に使うことが大事です。

 

モビットを初めて使う時に活用方法を決めるコツは仕組みを確かめ、審査にかかる時間が短く郵便物などを使わないため家族に内緒で借りれるために安心して利用できます。

 

生活をする場合は急にお金が必要なことが多く、有意義に使うためにはなるべく短い期間で返済を完了させると利息が増えすぎないため効果的です。お金を借りる時は収支のバランスを考えて金銭計画を立て、滞納をせずに正しく使う必要があります。その点モビットはおすすめですがプロミスもオススメだったりします。

気になるウォーターサーバーのコスト

ウォーターサーバーのコスト

水の質と同じくらい気になるのは費用ですよね。普段からペットボトルのミネラルウォーターを買って飲んでいる人にとっては節約になることもありますが、やはり水道水を利用するよりはコストがかかります。3人家庭で飲料水として利用した場合、平均して月3000?5000円の利用料がかかります。天然水かRO水かなど水の質によっても変わってくるのと、レンタルサーバー代など”水”そのもの以外にも付帯する費用は発生するのですが、その内訳は主に

  • 月々の水代
  • 宅配料金
  • サーバーレンタル代
  • サーバーの電気代
  • サーバーのメンテナンス代

です。「こんなにかかるのか」と思われるかもしれませんが、気をつけたいのはこれらの費用を総合的にみて判断することです。それは、水代が安い代わりに、サーバーのレンタル料金が高かったり、サーバーが無料でも水代やメンテナンス料金が高かったりするからです。宅配料金については、1ヶ月に「ボトル2本以上の利用」で無料など、条件を設定しているメーカーが多く必ずしも発生するわけではありません。

そして、忘れてはならないのは、いつでも冷水とお湯が飲めるウォーターサーバーを設置することによりかかる電気代が、平均して月1000円前後発生することです。一年間で12000円ですが、比較対象として、3?4人用の冷蔵庫は年間で8000円ほどなので、少し割高感があります。最近では省エネタイプのレンタルサーバーもありますので、やはり総合的に判断することが大切ですね。

まとめ

ウォーターサーバーを設置することでメリットが得られるのは、やはり赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭だと思います。赤ちゃんのミルクを作ったり、毎日食べる料理に使ったり、毎日摂取する水は、多少のコストはかけても安全な物を手に入れて家族の健康を守っていきたいですね。災害時への備えにもなりますので、これらの基本事項を頭に入れつつ一度検討されてみてはいかがでしょうか。数社比較したサイトや特定のメーカーに特化して案内しているサイトなどもありますので参考にしてみてください。


ウォーターサーバーを導入するなら知っておきたい基本のこと

「私たちの体の60%は水で満たされている」そう聞いたことがある方は多いとおもいます。この体内の水を綺麗な水に入れ替えていくことで美容や健康にも影響があり、特に小さなお子さん、赤ちゃんがいる方は、飲料水や料理で毎日口にする”水の質”は気になるところですよね。

 

水道水

日本は水道水が飲料可能な世界でも”稀な国”ですが、最近はその水道水の安全性も疑問視されています。その理由は、水道管の老朽化によるサビであったり、ダイオキシンなどの環境ホルモン、ここ数年の放射性物質の問題によるものです。そもそも、老朽化しなくても水道管には鉛が使われていることも多く、このせいで水道水を飲み続けると有害ミネラルである鉛がたまってしまう危険性もあります。各自治体が危機感を持って対策を始めてはいますが、まだまだ少数なのが実際のところです。

 

また、震災などの影響で水道水が供給されなくなることも考えると、ますます「安全な水」への需要は高まっており、自分で安全な水を確保することは必須になりつつあります。

そこでウォーターサーバーという選択

水を貯蓄しておける、いつでも安全な水が飲めるというと、やはりウォーターサーバー。そのメリットや水の違いなどをまとめてみたいと思います。ウォーターサーバーには大きく分けて3つの水の種類があります。

  1. 天然水:富士山の麓など、特定の水源から採水された地下水を原料としていて、理想のミネラル分が含有された水のことをいいます。化学処理は行われておらず、濾過、沈殿、加熱処理を施しています。
  2. RO水:逆浸透膜というミクロレベルのフィルターを通して濾過された水で、微細な不純物を取り除いています。そのためミネラル分は一切含まれません。純粋に限りなく近く、ピュアウォーターとも呼ばれています。
  3. RO水+ミネラル:上記のRO水に人口的にミネラル分を添加した水のこと。

一般的には美味しさやミネラル成分を求めるなら天然水、コストパフォーマンスや赤ちゃんのための水にするならRO水と言われていますが、RO水は原水が水道水ということもあるそうです。赤ちゃんにも飲ませて、家族も美味しいお水を楽しみたいという家庭は軟水の天然水を選ぶと良いでしょう。そして、ウォーターサーバーを設置することによる、メリットもあればデメリットもあります。

メリット

  • 安全な水がいつでも飲める
  • 地震などの災害にそなえて水を備蓄できる
  • 水だけでなくお湯もすぐに使える
  • ペットボトルの水を買って運ぶ手間が省ける、そしてゴミが出ない

デメリット

  • サーバーを置くスペースが必要
  • 水道水よりはコストがかかる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 1年未満の解約で5000円ほどの解約金がかかるメーカーが多い

解約金については知らなかった人も多いのではないでしょうか。契約してから知ったなどいうことにならないよう、申し込みの時点でしっかり確認しておきましょう。